清原元輔

小倉百人一首 042

契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは

ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すゑのまつやま なみこさじとは

清原元輔

解説
 清原元輔(きよはらのもとすけ・延喜8年~永祚2年 / 908~990年)は清少納言の父で、清原深養父の孫あたります。
 村上天皇の勅によって「後撰集」を撰んだりしたほか、「万葉集」の訓読の仕事なども手がけた人物です。
 清原元輔は藤原公任が優れた歌人として選んだ三十六歌仙の一人でもあり、「枕草子」にも優れた歌人であった逸話が伝えられています。
 また、官僚としても活躍し、河内権守から国防守、さらに鋳銭長官から肥後守に任ぜられています。

 この和歌は、友人が恋人に去られたとき、元輔がその気持ちを和歌に表し、相手に届けたと言われている和歌です。
 自分の気持ちを直接表しているのではないのですが、互いに「波が松山を越えることがないのと同じように、心変わりもすることがない」との約束を詠むことによって、恋に悩み苦しむ気持ちがよく伝わってきます。


読み
 ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すゑのまつやま なみこさじとは

季節
 -

現代意訳
 かたく約束を交わしましたね。互いに涙で濡れた袖をしぼりながら、波があの末の松山を決して越すことがないように、二人の仲も決して変わることはありますまいと。

 ※かたみに / 「互いに」の意
 ※袖をしぼり / 涙を流したの意

出典
 「後拾遺集」